診療内容

HOME > 診療内容 / 出席停止期間について

出席停止期間について

保育園で流行しやすい病気のときの出席停止期間

感染症名 登園基準
水痘 すべての発しんが痂皮化するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現してから5日を経過するまで、かつ全身状態が良好になるまで
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで(幼児にあっては、3日を経過するまで)
咽頭結膜熱
(プール熱)
主な症状が消失してから2日を経過するまで
百日咳 特有な咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療を終了するまで
流行性角結膜炎
(はやりめ)
結膜炎の症状が消失してから
溶連菌感染症 抗菌剤内服後24時間から48時間経過していること
ウイルス性胃腸炎 嘔吐・下痢等の症状が治まり、普通の食事ができること
RSウイルス感染症 重篤な呼吸器症状が消失し全身状態が良いこと
マイコプラズマ肺炎 発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 発熱がなく(解熱後1日以上経過し)、普段の食事ができること
ヘルパンギーナ 発熱がなく(解熱後1日以上経過し)、普段の食事ができること
伝染性紅斑
(リンゴ病)
全身状態が良いこと
ヘルペス口内炎 発熱がなく、よだれが止まり、普段の食事ができること
突発性発疹 解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと
伝染性膿痂疹
(とびひ)
皮疹が乾燥しているか、湿潤部が被覆できる程度のものであること

 

詳しくは・・・

キャラクター「保育所における感染症対策ガイドライン」

厚生労働省 平成24年11月
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」

日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会 2013年9月改訂版
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101181.pdf

▲ページの先頭へ